かみふらの八景ラリーにGO!

7/5からスタートした「かみふらの八景ラリー」、みなさんはもう挑戦されましたか?

どういうイベントなのか、よくわからない方もいらっしゃると思い、職員が実際に回ってみました!

まず必要なものはスマートフォンです。

そしてQRコードを読み取れるアプリをダウンロードしておきます。

下のチラシのQRコードを読み取ると、「かみふらの八景ラリー」のサイトへ移動します。

hakkei-rari-chirasi-ol

下の画像が「かみふらの八景ラリー」のサイトです。

0-4

スクリーンショット (68)

目的の場所を選択します。

0-6

スクロールするとマップがあり、ルート案内を選択します。

0-7

すると、地図アプリが現在地から目的地までのルートを表示します。

カーナビがなくてもこれで安心です。

0-8

出発を選択するとナビゲーションが始まります。

0-9

助手席の方にナビをお願いするか、安全なところに停車してルートを確認してくださいね。

「かみふらの八景」の標柱にQRコードがあるので、読み取ってください。

1-3

スタンプできました!

3-3

このようにスタンプを押せたところが旗マークになっていきます。

0-5

QRコードを5か所以上集めると、抽選でいづれかの特産品が当たります。

IMG_1627

全8か所のスタンプを集めた方には、完走証明書を差し上げます。

更に全8か所のスタンプを集めた方の中から「八景ラリー」イベント終了後、抽選で「かみふらのポーク」を10名様に差し上げます。

抽選場所は見晴台情報ステーションになっておりますが、10/1~10/15(イベント最終日)の期間だけ当観光協会事務所となっております。

 

それでは実際に行ってみましょう!(※かなり長文です)

スクリーンショット-(69)

どこから始めてもいいですが、今回はジェットコースターの路から。

国道237号線から「西11線農免農道」という標識を目印に曲がり、ジェットコースターの路が始まります。アップダウンの激しい直線道路を進みます。

1-1

到着しました!標柱のある土の場所に駐車ができます。畑に入らないようご注意ください。

1-2

さっそくQRコードを読み取ります。

1-3

この日は雲が多く十勝岳連峰は見えませんでしたが広大な風景を楽しめます。

1-4

 

次の深山峠は国道237号線へ戻り南下、すると右手に「レストハウス 想い出のふらの」があり、その向かいになります。

夏の期間のみ小屋が設置されており観光案内をしておりますが、今期の案内は終了したため今はありません。

テラスに向かうと…

2-1

このようにラベンダーオーナー園が広がります。

2-2

一口一万円でどなたでもラベンダーのオーナーになれる制度があるんです!詳しくはこちら

2-3

ここは国道を横断する人が多いので、運転する側、歩行者ともにお気を付けください。

 

それでは〈千望峠〉に向かいましょう。

国道237号線をさらに南下します。左手に見晴台公園、右手に大きな観音様と富良野ホップスホテルのある交差点を右折します。

畑の中を道なりに上っていくと千望峠駐車場があります。標柱は駐車場すぐ下にあります。

DSC_2073DSC_2067

上富良野市街が一望できます。早朝だと十勝岳連峰から昇る朝日を望めますし、意外と夜景もいいんですよ。

 

そして〈パノラマロード江花〉に続きます。

来た道を引き返し、交差点をすぎ2つ目のT字交差点を右折します。「パノラマロード江花」の小さな看板が目印です。1.3kmほど進んだ交差点を左折したら到着です。

まっすぐな道も良いですし、すぐ横には…

4-2

畑と上富良野市街が広がります。

4-1

ここから町中の〈日の出ラベンダー園〉に向かいます。

このまま下り坂を満喫しながらも行けますよ。国道237号線との交差点を左折します。

先ほど千望峠に行くため右折した交差点を左折、道なりに進み、線路を超え、「富良野らーめん花道」がある交差点を左折します。すると右手に日の出公園駐車場の入り口があります。

駐車場に入らずそのまま進みますと、左カーブがあり、その右手に日の出公園展望台への道路もあります。かなり狭いので要注意です。(工事の為9月から通行止めになる予定です)

これまでとはまた違う華やかな景色が広がります。

雨で色が沈んでしまいましたが、奥にラベンダーも見えます。

5-1

ラベンダーはちょうど刈り取り作業にかかっていました。

IMG_6628

刈り取ったラベンダーは株の上で乾燥させ、窯で蒸留しオイルを抽出します。

IMG_6636

当観光協会の販売するラベンダーエッセンシャルオイルの原料になります。

是非一度、香りをお楽しみいただけたらと思います。

 

次は知る人ぞ知る〈和田草原とどんぐりの郷〉です。

日の出公園を出て「富良野らーめん花道」を左折し、道道291号線を十勝岳方面に向かいます。

東4線道路との交差点を左折してすぐ右に駐車場の入り口があります。

交差点手前に〈和田草原とどんぐりの郷〉の看板がありますので目印にしてください。

IMG_6681

駐車場の看板近くの階段を登っていきます。

IMG_66733

途中から階段がなくなり坂道になります。登りきると草原が広がり、奥に標柱があります。

晴れていれば背景に十勝岳連峰が望めます。

6-1

標柱から右に向くと雨が降り出している様子が見えます。

6-2

さらに右に向くと来た道と後藤純男美術館が見えます。雲が切れてきました。

6-3

後ろには日の出公園のほうが見えます。こちらはいい天気ですね。

6-4

天候の移り変わりも見えるくらい眺望が開けているところです。

 

それでは隠れた名所〈旭野やまびこ高地〉に向かいます。

駐車場を出て右に進みます。約1km進むとY字路があり、旭野方面へ右折します。道なりに2.6km進むと〈旭野やまびこ高地〉の標識があり、そこから1.2km進んで到着です。標柱の手前に駐車できます。

畑の中にある場所なので、農地には入らないようにしてください。

7-1

十勝岳連峰も厚い雲がかかっていて山並みは望めません。遠くに稲光がよく見えます。

標柱の北側は晴れていますが…

7-2

なんと南側はシャワーのような雨天です。

7-3

この日はここで撤収しました。

ちなみに標柱の先は行き止まりなので、ここでUターンし来た道を戻ることになります。

最後の〈十勝岳温泉郷〉に向かうには、道道291号線に出て東に進みます。道なりに進み、「富良野 思惟林」を通り過ぎ、「カミホロ荘」を通り過ぎ、「凌雲閣」が最終地点になります。

左手に広い駐車場がありますのでご利用ください。

標柱は登山口右手にあります。

8-3

標柱の少し奥が絶景スポットです。

8-1

9月下旬~10月上旬にはこのような紅葉が見られます。

8-4

これで8か所すべてのスタンプが集まりました!

順番は関係ありませんので、行けるタイミングで回ってみてください。

 

抽選に挑戦するため〈見晴台情報ステーション〉に向かいます。

今通ってきた道道291号線を戻ります。町中に入り、踏切を超え、坂を上がり国道237号線との交差点を右折、両脇に駐車帯がありますので右側に入ります。北側にある小屋が見晴台情報ステーションです。

9-1

スタッフに「かみふらの八景ラリー」を回ってきたことを伝えてください。スタンプの確認をさせていただきます。

9-2

5か所以上のQRコードを集めると、もれなく抽選で特産品が当たります。
全8か所のスタンプを集めた方には、完走証明書を差し上げます。

更に全8か所のスタンプを集めた方の中から「八景ラリー」終了後、抽選で「かみふらのポーク」を10名様に差し上げます。

応募用紙に必要事項をご記入しスタッフにお渡しください。

〈応募締め切り〉平成28年10月15日16時30分

 

見晴台情報ステーションは9月末までの営業になっており、10月から抽選場所が変わりますのでご注意ください。

〈抽選場所〉
・9月30日まで(9時30分から16時30分)上富良野町光町3丁目

  見晴台情報ステーション

・ 10月1日から10月15日まで(9時から16時30分)上富良野中町1丁目1-1-8

  かみふらの十勝岳観光協会

 

皆様のチャレンジをお待ちしています!

 

らべとんスマホ


コメントする

」印は必須項目となっております。ご記入漏れのないようご注意ください。

最新のエントリー

3-泥流地帯通信ニュースレター_ページ_1

『泥流地帯』映画化応援隊による朗読劇公演開催のお知らせ

  • 2018年10月19日
アイキャッチ0825

道道966号(十勝岳スカイライン)冬季通行止めのお知らせ

  • 2018年10月17日
紅葉まつり結果発表

第47回十勝岳紅葉まつり ペア宿泊券当選者発表!!

  • 2018年10月15日
2018収穫祭チラシ(表裏)-1

2018 かみふらの収穫祭のご案内

  • 2018年10月11日
pdf-1

上富良野町出身の絵師 安藤文敏さんの舞台公演のお知らせ

  • 2018年10月11日