<十勝岳に噴火予報(噴火警戒レベル、平常>:警戒解除を発表

札幌管区気象台は24日、火山活動が安定し噴火の可能性が低くなったとして十勝岳の火口周辺警報を解除し、5段階ある噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(平常)に引下げました。ただ、火山性微動や発光現象は数年来、断続的に観測されているため、今後も火山活動の推移に注意をしてください。

 

火山名 十勝岳 噴火予報:警報解除

平成27年2月24日18時00分 札幌管区気象台

<十勝岳に噴火予報(噴火警戒レベル、平常>:警戒解除を発表

十勝岳では、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。

噴火警戒レベル 2(火口周辺規制)→1(平常)へ引下げ

 

1.火山活動の状況及び予報警報事項

十勝岳では、火口近傍の観測点から、山体浅部の膨張によるとみられる地殻変動の変化率が2014年7月頃から大きくなりましたが、その後12月頃から横ばいで推移しています。また、浅部の熱水活動の活発化を示すと考えられる常時微動の振幅レベルも12月移行低下しています。

これらのことから、十勝岳では、ごく小規模な水蒸気噴火の兆候は認められなくなりました。

なお、ここ数年、大正火口の噴煙量増加および自信増加、火山性微動の発生、発光現象などが観測されており、長期的にみると火山活動は高まる傾向にあるので、今後の火山活動の推移に注意してください。

 

2.対象市町村等

以下の市町村では、入山規制などの特段の警戒が必要なくなりました。

北海道:美瑛町、上富良野町

 

3.防災上の警戒事項等

火口内に影響する程度の噴出現象は突発的に発生する可能性がありますので、火口内や近傍では火山ガスや火山灰噴出に注意してください。

 

**(参考:噴火警戒レベルの説明)**

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。

【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時要援護者の避難等が必要。

【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。

【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。

【レベル1(平常)】:状況に応じて火口内への立入規制等。

(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

 

上富良野町公式HP

気象庁HP


コメントする

」印は必須項目となっております。ご記入漏れのないようご注意ください。

最新のエントリー

凌雲閣

凌雲閣 メンテナンスによる休館のお知らせ

  • 2018年10月22日
3-泥流地帯通信ニュースレター_ページ_1

『泥流地帯』映画化応援隊による朗読劇公演開催のお知らせ

  • 2018年10月19日
アイキャッチ0825

道道966号(十勝岳スカイライン)冬季通行止めのお知らせ

  • 2018年10月17日
紅葉まつり結果発表

第47回十勝岳紅葉まつり ペア宿泊券当選者発表!!

  • 2018年10月15日
2018収穫祭チラシ(表裏)-1

2018 かみふらの収穫祭のご案内

  • 2018年10月11日